FC2ブログ

黒カビちゃん

18禁小説サークル黒カビちゃん&追浜ジローです。オシリス文庫で本を出してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の活動状況

長らくブログ放置してました。
サークルとしての黒カビちゃんは休止状態で、今後しばらくは再開の予定がありません。
追浜ジローは断続的にエロ本を発表中ですのでそちらを読んでいただけると嬉しいです。
黒カビちゃんの同人誌を腐らせておくのももったいないのでpixivの追浜ジローアカウントで黒カビちゃん二号を公開しました。
今後、三号以降も公開するかもしれません。
また、このブログを追浜ジローの近況報告のような場所として使おうと思っています。
更新はかなりのんびりしたものになりそうですが、これからもお付き合いいただければ幸いです。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/22(土) 22:14:23|
  2. 同人誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒カビちゃん六号 長くて固いもの


1年ぶりの新刊が完成しました。
黒カビちゃん六号のテーマは「長くて固いもの」。
以下あらすじです。

朝の通勤電車の中、女子高生のお尻に触る謎の「長くて固いもの」。振り向いても姿は見えず、感じるのは気配だけである。その先端は彼女の菊門を執拗に攻め続け、幼い情欲を翻弄し、やがて絶頂へと導いていく。少しホラーな痴漢物の表題作に加え、ロリコン幹細胞研究者の密かな欲望を描く「スティック細胞」を併録。
  1. 2014/05/03(土) 20:04:35|
  2. 同人誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新刊案内:黒カビちゃん五号

comitia104表紙
COMITIA 104用の新刊、まだ完成していませんです。。。

とはいうものの
1週間前ですし、表紙は無事なんとかなりましたので
完成「予定」の新刊情報です。

黒カビちゃん五号「熱帯性植物園」
女装少年モノです。
いつものことですが男性向けエロ表現を含む短編小説集となっております。
以下表紙から。

「とても甘い、女の子の匂いがしました」――気弱で可愛らしい一年生の男子生徒に対して、生徒会長が与えた非情な罰とは。熱帯植物が生い茂る温室で目撃してしまった「お仕置き」の一部始終を一人の女子生徒が告白する表題作の他、メイドとお嬢様の秘密の夜の行為を描く「名家に咲く花」を収録した。「女装少年」短篇集。

A5版 本文上下二段組で29ページの予定です。
コピー本。
1部100円。

今回の表紙はいつもよりちょびっとだけイイ紙を使っていますよ。
  1. 2013/04/26(金) 21:44:48|
  2. 同人誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新刊案内:黒カビちゃん四号


黒カビちゃん四号できました。
以下あらすじ。(表紙からコピペ)

古墳時代の村、マナイ。この村には、初潮を迎えたばかりの美少女を神に捧げる風習があった。少女は全裸のまま縄で縛られ、祭壇に吊るされて、村人たちが見守る中、屈辱的な結末を迎えるのだ。――青年が著した一篇の小説は、やがてひとりの女子高生の心を乱すこととなる。

という短編です。
いつものノリでちょいとグチョグチョしたシーンあります。
エロ小説です。

これまでの三冊よりもややページ数少なめの
上下二段組24ページ。
1部100円です。
  1. 2012/11/17(土) 15:47:14|
  2. 同人誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒カビちゃん三号


コミティア101新刊「黒カビちゃん三号 サイバー・ピンク」
無事完成いたしました。

A5サイズ上下二段組、本文32ページのコピ本です。
1部100円です。

あらすじは表紙の文を以下にコピペしましたがご覧のとおり
クソ長いです。なんで長いかというと、表紙のレイアウトをミスして
スペースを埋めなきゃならなかったからでして……

文章書く手間を省いてレイアウトやり直せば良いものを。

-
第三次世界大戦で廃墟と化した東京。瓦礫の街に根を張ったネットワークの仮想空間で、一人の野良女子高生が指名手配犯を追う。しかし指名手配犯も女子高生だった!? 意識を支配され、性感を刺激されて圧倒的不利な状況に追い込まれる中、無常にも意識喪失の時が迫る……(サイバー・ハント)。世界の復興を夢見る科学部部長は、量子転移装置の開発に成功した。しかし部費の不正受給疑惑で生徒会との対立は深まり、ついに公開裁判の場へ。部長は装置を用いて、一計を案じた。全校生徒が見守る壇上で、生徒会長の膀胱めがけて量子転移を開始する……(尿意転移)。仮想世界と現実世界の間で漂う意識が、少女時代を思い出す。夕日の輝く屋上で、彼女の唾液が溢れ出て、私はそれを飲み込んで……(唾液の頃)。近未来の仮想空間を中心に展開される、SF風味の連作三編。
-
  1. 2012/08/25(土) 18:19:52|
  2. 同人誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。